2018.08.06更新

A.お子様の場合、症状をうまく伝えられないこともあり、肛門に症状があっても別に原因が考えられることがあります。

  当院では、小学6年生までのお子様で肛門に症状がある場合、まずは小児科をご受診いただくようお願いしております。

  小児科の診察により肛門科受診をすすめられた場合に限り、当院で診察をさせていただきます。

entryの検索

月別ブログ記事一覧