裂肛(きれ痔)

裂肛(きれ痔)とは

裂肛(きれ痔)は、一言で言うと「肛門のケガ」です。
硬い便や太い便をしたときにチクッと痛みを感じ、トイレットペーパーに血が付いていたという経験のある方は、多いと思います。
これが急性裂肛です。

裂肛(きれ痔)を繰り返していると、同じ部分が何度もケガをしていることになり、潰瘍ができてきます。
そして、肛門ポリープや皮垂(肛門の皮膚のたるみ)ができて慢性裂肛の状態になります。

裂肛(きれ痔)の治療

急性裂肛
肛門管の緊張が強くない場合は、便通異常が原因であることがほとんどです。
そのため、便通のコントロールや軟膏座薬の投与で治ります。
肛門管の緊張が極度に強い(肛門がぎゅっと締まっている)場合は、肛門を締めている筋肉の一部を切って強く締め過ぎないようにする手術(肛門内括約筋切開術)が必要になることもあります。
慢性裂肛
症状に合わせて、裂肛切除術、肛門内括約筋切開術(肛門管の緊張が強い場合)、肛門皮膚弁移植術(肛門が狭くなっている場合)を組み合わせた治療を行います。



診療時間のご案内

受付時間は「初診の方」と「再診の方」とで異なりますのでご注意ください。