大腸内視鏡検査(大腸カメラ)

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)の必要性

日本人の大腸がん発症数は増えてきており、特に女性はがんによる死因の第1位が大腸がんです。通常の定期検診では、便に血が混じっていないかを調べる便潜血検査を行うことがほとんどですが、便に血が混じっていなくても大腸がんを発症していることは珍しくありません。40歳以上でまだ一度も大腸内視鏡検査(大腸カメラ)を受けたことのない方は、一度検査を受けられることをご検討されてみてはいかがでしょうか。大腸がんは自覚症状がほとんどないため、検査で早期に発見することが重要です。

こんな症状ありませんか?

  • 便に血が混じっている 
  • 便秘や下痢の症状がある
  • 最近便が細くなった、出にくくなった
  • お腹が張っている
  • お腹にしこりがある
  • 親族の中に大腸がんになった人がいる
  • 検診で異常を指摘された(便潜血反応陽性)

 

一つでも当てはまる方は、お早めにご相談にいらしてください。

大腸内視鏡検査の進め方

1.事前のご来院まずは一度診察にご来院ください
診察
  • 現在の症状、病歴や服用されているお薬などを伺います
血液検査
  • 内視鏡検査に必要な血液検査をおこないます
説明・予約
  • 検査についての詳しい説明を行います
  • 検査食や下剤をお渡しします
  • 検査日のご希望を伺いながら検査の予約をおとりします
診察時にお持ちいただく物
  • 保険証
  • 服用中のお薬がある方はお薬手帳などお薬の内容がわかるもの
  • 「検診や人間ドックでひっかかった」という方はその検査結果一式
2.検査前日 ・食事制限があります
・夜就寝前に下剤をお飲みいただきます
3.検査当日
前処置
  • 下剤を飲み、腸の中をきれいにしていただきます
  • 7~10回程の排便があり、便が透明になったらOKです
  • 検査着へお着替えをしていただき、浣腸をします
  • 鎮静剤と鎮痛剤を注射します
内視鏡検査
  • 眠っているかのようなウトウトした状態で検査をお受けいただきます
  • 検査は15~20分間程で終了します
検査後
  • リカバリー室で1時間程お休みいただきます
結果説明
  • 医師から検査結果をご説明いたします
  • 内視鏡画像入りの検査結果レポートもお渡しします
お会計
ご帰宅
  • 鎮静剤の効果が続いている為、検査後お帰りになる際は、自動車、バイク、自転車などを運転しないようにお願いします。

下剤の飲み方は、ご自宅で飲む方法と、院内で飲む方法があります。

尚、内視鏡検査時にポリープ切除や組織検査(組織を少しつまんで顕微鏡で調べる検査)を行った場合には、その検査結果は後日改めて診察時にご説明いたします。

検査時、ポリープが見つかった場合には切除することが可能ですが、切除後2週間は、生活上の制限(旅行・運動・飲酒など)がございます。また、場合によっては当院にて切除不可能なこともありますので、その場合は入院施設のある病院をご紹介いたします。

大腸内視鏡検査は、腸がきれいになった方から順番に検査を開始します。また、午前診察が終了してから検査を行う関係上、開始時間が遅れる場合もございます。検査当日はお時間・ご予定に余裕をもってご来院くださいますよう宜しくお願いいたします。

胃内視鏡検査(胃カメラ)と大腸内視鏡検査(大腸カメラ)の同日実施

ご希望の患者さんには、胃内視鏡検査(胃カメラ)と大腸内視鏡検査(大腸カメラ)を同日に (1回の鎮静剤・鎮痛剤で)実施することも可能です。ただし、お体の状態やご年齢などによりましては難しいこともありますので、まずは一度ご相談いただければと思います。

検査費用

大腸内視鏡検査(大腸カメラ) およそ7,000円~15,000円
大腸ポリープ切除 およそ22,000円~33,000円
※保険3割負担の方

診療時間のご案内

受付時間は「初診の方」と「再診の方」とで異なりますのでご注意ください。