2016.03.28更新

A.便潜血陽性反応だった場合の精密検査とは、大腸内視鏡検査(大腸カメラ)のことです。

結果に驚いてご連絡くださる方がたくさんいらっしゃいますが、まずは落ち着いて一度ご受診ください。

ご受診の際には、保険証と、人間ドックや検診の時の結果をお持ちになってください。また、日ごろ飲まれているお薬があるようでしたら、お薬手帳などお薬の名前がわかるものをご持参ください。ご来院後は、問診票ご記入後、診察、内視鏡検査のご説明となり、検査日もこの時に決めさせていただきます。

 

 

2016.03.28更新

A.いいえ、特にありません。

採血の必要がある場合がありますが、お食事を召し上がってきていただいても差し支えございません。

2016.03.25更新

A.はい。当院で行う肛門手術は保険対応のものです。安心してご受診ください。

2016.03.25更新

A.当院では、お尻の日帰り手術を行っております。ご症状により、ご受診された際その場で処置できるものもあれば、日帰り手術の予約をおとりして後日行うものもあります。お電話でご症状をお聞きしただけでは判断いたしかねますので、まずはご診察にいらっしゃってください。

2016.03.22更新

A.当院の院長は男性医師ですが、他スタッフはみんな女性で、ご診察介助ももちろん女性スタッフがさせていただきます。当院は、女性の方のご受診がとても多いです。また、お尻のご症状でいらしている方も、内視鏡検査ご希望でいらしている方も同じ待合室でお待ちいただいておりますし、どんなご症状でいらしているかは他の患者様にはわからないように配慮させていただいております。安心してご来院ください。

2016.03.22更新

A.はい、クリニック敷地内に16台分ご用意しております。どうぞご利用ください。

2016.03.22更新

A.胃内視鏡検査はお着替えの必要はありません。

  大腸内視鏡検査や肛門手術は、検査・手術直前に検査着へのお着替えをしていただきます。女性の方はホックや金具のついた下着は避けていただいたほうがよろしいかと思います。また、すべての検査・手術に関して、貴金属類はおはずしいただきます。更衣室に貴重品ボックスやロッカーのご用意はありますが、大切な物や高価なものは出来る限り身につけてこないようにお願いいたします。

2016.03.14更新

A.ご自宅で下剤をお飲みいただくことは可能ですが、便秘気味の方、ご高齢の方、ご自宅が遠い方などは、クリニックで下剤をお飲みいただくようにしています。それ以外の方はご自宅でお飲みいただくこともクリニックでお飲みいただくことも可能です。

2016.03.14更新

A.場合によっては可能です。ただし、お体の状態やご年齢、飲まれているお薬、また過去の内視鏡検査時の状況などをふまえ、同日の検査が可能かどうかは医師が判断させていただきます。ご希望の場合はご相談ください。

2016.03.14更新

A.当院での大腸内視鏡検査(大腸カメラ)は、鎮痛剤鎮静剤を使用して検査を行っております。効き目に個人差はありますが、たいていの方は眠っている間の検査となりますのでご安心ください。

前へ